季節のお惣菜のご紹介

六月

水無月胡麻豆腐
「水無月」は旧暦で六月を指し、京都では六月三十日にいただく和菓子の名前です。吉野本葛に胡麻を丹念に練りあげ、厄払いや暑い夏を豆豆しくとの願いを込めた小豆をあしらいました。とろけるような食感とほのかな甘みを京料理の一品でどうぞ。
※盛り付けはイメージです。

京都上賀茂産賀茂茄子田楽
もぎたての、初夏のみずみずしい美味しさ。「賀茂茄子」の魅力をまさに丸ごと味わっていただくには、やわらかな果皮もそのまま、シャキッと引き締まった肉質とともに田楽にするのが京の定番。白味噌と赤味噌、二種の田楽味噌を半分ずつ塗り、じっくり丁寧に焼き上げました。
※盛り付けはイメージです。

鱧のアスパラ巻
鱧の骨切りの上品な歯ざわりを、白焼きにして引き立てました。そこへ、さらにひと工夫。アスパラを芯にして巻き、タレ焼きに。外側はしっとり、中はふわり、その上、アスパラのシャキッとした食感も加わり口あたり楽しく。キリッと冷やした冷酒ともよく合います。
※盛り付けはイメージです。

南禅寺御用達豆腐使用
アスパラの白和え
この時期に旬を迎える初夏のグリーンアスパラを、軽くボイルして南禅寺御用達豆腐と美濃吉独特の製法で白和えに。豆腐のほんのりとした甘味と、シャキシャキとした食感を楽しみながらお召しあがりください。
※盛り付けはイメージです。

滋賀県産
鮎の塩焼き
初夏に旬を迎える滋賀県産の鮎を、川魚料理専門店ならではのこだわりで、串に打ち、化粧塩を施し塩焼きにしました。鮎が川面を跳ねるように串を打つ「踊り串」で、鮎そのものの味をお楽しみください。
※盛り付けはイメージです。

※一部店舗ではお取り扱いがない場合がございます。

季節のお惣菜
季節のお惣菜のご紹介
旬の食材
特選素材